インタビュー

わずか8室のラグジュアリー空間「THE JUNEI HOTEL 京都御所西」様に復元ドライヤーを採用いただきました。

20170829_the_junei_hotel_4.gif
20170829_the_junei_hotel_5.gif
20170829_the_junei_hotel_6.gif

平安から明治にかけて歴代の天皇が居を構えた京都御苑、
その由緒ある土地の西、閑静な住宅地にTHE JUNEI HOTEL 京都御所西は佇んでいます。

京町屋をイメージした和モダンな建築美、
上質で本物だけを配したスタイリッシュなインテリア、
"五感に響く心地よさ"を目指した京ならではのおもてなしで
訪れるゲストに最上級のくつろぎを与えてくれます。

今回のインタビューは、この選び抜かれたラグジュアリー空間を担うホテル支配人に、「復元ドライヤー」のお話を伺いました。

20170829_the_junei_hotel_7.jpg20170829_the_junei_hotel_8.jpg

―― 復元ドライヤーの採用をありがとうございます。どのようなきっかけで設置に至ったのでしょうか?

当ホテル社長の徳永が20年来の付き合いで信頼を寄せるカリスマ美容師に相談したところ、復元ドライヤーを強く薦めてをいただき、客室への設置を決めました。

―― 復元ドライヤーの使い心地はいかがですか。

復元ドライヤーを使用する前は、低温なので乾くのか心配でしたが、 実際に使ってみると問題なく乾いて、顔にあてるとキュッと引き上がった気がしました。全身に使えるのでお客様にも大変喜んで頂いております。

―― アメニティーグッズまで厳選されているんですね。選ぶ基準はありますか。

当ホテルのコンセプト「視覚・味覚・嗅覚・触覚・聴覚、五感に響く心地よさ」を基準に、客室に合うかどうかで素材から選んでおります。歯ブラシ1本にしても包材に和紙を使ったりと、細部までこだわりを持って厳選しています。

―― ホテル内の備品の一つ一つを手に取っても、うっとりするこだわりようですね。

ありがとうございます。選び抜かれたマテリアルで安らぎと喜びと感動をお伝えしたいと考えています。
例えば、ご朝食は京都特有の食文化「仕出し」を再現しました。創業100年の老舗「二和佐」から取り寄せておりますので、ぜひ老舗の京の味を楽しんでください。また、浴槽は当ホテルの為だけに焼かれた信楽焼で、リラックス効果のある高濃度水素風呂を採用しております。

わずか8室のお部屋ですので、スタッフの気配りがお客様ひとりひとりにゆき届きますし、リラックスしていただける広い空間設計です。ここを拠点に長期滞在して頂き、京都の様々な場所に出かけて、自分の家に帰ってくるような感じでゆったり寛いで頂きたいと思います。

―― "五感に響く心地よさ"くつろぎの本質を追求するサービスは、地域の特性や、訪れる客人の意識や行動、様々な視点から考えられたものなのだと感じました。その中でルーヴルドーの復元ドライヤーを選んで頂き大変光栄です。
本日はたくさんのお話をありがとうございました。

THE JUNEI HOTEL 京都御所西
〒602-8056 京都市上京区 東堀川通下長者町下る3-14
TEL. 075-415-7774

≫ ホテル公式サイト ≫ ホテル周辺観光